ホーム > お知らせ > 【加齢性難聴は治らないが、予防できるってホント!?】

【加齢性難聴は治らないが、予防できるってホント!?】

【加齢性難聴は治らないが、予防できるってホント!?】

こんにちは、補聴器センターめいりょうグループです。

難聴には、治るものと治らないものがあるということをご存知でしょうか。
加齢とともにだんだん聞こえなくなる加齢性難聴は、老化現象であるため、残念ながら根本的な治療法がありません。
しかし、加齢性難聴は、予防したり進行を遅らせたりすることは十分に可能です。
今回は、その予防法についてお教えします。

●耳にやさしい生活を心がけて
耳にやさしい生活を心がけることで、加齢による難聴を予防することができます。大音量でテレビを見たり、音楽を聴いたりすることはやめましょう。大きな音が常時出ている場所も避けたいものです。もし、騒音下に身を置くなら耳栓をするなどで耳を守りましょう。静かな場所で耳を休ませる時間を作ることもおすすめです。

●加齢性難聴を悪化させる原因は生活習慣病
糖尿病、高血圧、脂質異常症、動脈硬化などの生活習慣病は、内耳や脳への血流を低下させ、聴覚の老化を早め、加齢性難聴を悪化させる原因となります。つまり、これらの原因を取り除き、健康状態を改善すれば、難聴の予防になるというわけです。喫煙、過度な飲酒は、動脈硬化や高血圧の悪化に深く関係するので、できるだけ控えてください。

●生活習慣の見直しで難聴を予防
加齢性難聴を予防するには、耳への血管を健康に保つことが大切。規則正しい生活と適度な運動、野菜とタンパク質の多いバランスの良い食事で、血圧や血糖、コレステロールの管理を心がけて。こうした生活習慣を続けることで、日常の健康を管理し、難聴の予防や進行を遅らせるように努めましょう。

●補聴器をつけることで聞き取りを保ちましょう
難聴になると、聞こえない状態に慣れてしまいます。音を聞く脳の回路は、常に刺激されていないと次第に働きが悪くなるという現象があるため、補聴器を使って十分な音を入れて言葉を聞き続ける必要があります。補聴器によって耳が悪くなるということはありませんので、難聴が進行する前の早めの段階で補聴器をつけることをおすすめします。

このように、加齢性難聴は予防や進行を遅らせることができます!
同時に、早めに補聴器で聞こえをサポートしましょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

▼補聴器センターめいりょう▼
【明石・加古川・神戸・西脇】 
http://www.meiryou.net/

▼認定補聴器専門店 補聴器のビビッド▼
【尼崎】
http://www.vivid-ha.co.jp/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

09f47823687c286a8b54

このページのトップへ