ホーム > お知らせ > 【Q&A 補聴器は軽度のうちからつけたほうがいいってホント?】

【Q&A 補聴器は軽度のうちからつけたほうがいいってホント?】

こんにちは、補聴器センターめいりょうグループです。
今回は、お客様からよく聞かれる質問にお答えしたいと思います。

Q. 補聴器を使い始めるタイミングは? 早くからつけた方がいいの?
聞き取りにくい場面が増えてきたと感じたら、早めに補聴器を使い始めるのが良いでしょう。

ときどき、早くから補聴器をつけるとより聞こえが悪くなるのではないかという方がいらっしゃいます。
「本当に困ってから、つければいい」と思う人も多いようです。
しかし、補聴器は難聴度の軽いうちから使用した方が効果が得やすいようです。

また、自分の聴力に合う補聴器を使っていれば、耳が悪くなることはありません。
補聴器をつけていても、つけていなくても、加齢によって聴力が低下するのは同じです。

音を聞くのは耳ですが、音を言葉として理解するのは〝脳〟になります。
早くから使うことを勧めるのは、聞こえない状態が長く続くと聞き取り能力が低下する可能性があるから。
高齢になり、かなり難聴が進行してから初めて補聴器をつけても聞き取れないということが起こるのは、このせいなのです。

聞き取り能力が低下してしまう前に、補聴器を使うことが大切。
脳に十分な音を入れて言葉を聞き続けるようにしましょう。

加齢による聞こえの低下は少しずつ進行するので、ご本人自身では気づきにくいことがあります。
特に、高齢になるとその傾向が強く、そのまま放置してしまうことも多いようです。
聞こえの低下が進むと、聞こえないことで会話に対する不安や緊張などが増え、心理的にダメージを受けることにもなりかねません。

さらに、あまり高齢になると、新しく補聴器を使い始めることが困難になることも。
脳が若いうちに、そして聴力的にも年齢的にも余裕のあるうちから補聴器を使い始めることをおすすめします。

ご本人がきっかけを見つけられないようなら、周囲やご家族の方が積極的に声をかけてあげてください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

▼補聴器センターめいりょう▼
【明石・加古川・神戸・西脇】 

http://www.meiryou.net/

▼認定補聴器専門店 補聴器のビビッド▼
【尼崎】

http://www.vivid-ha.co.jp/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このページのトップへ