ホーム > お知らせ > 【補聴器エピソード どうせ補聴器を着けるなら!】

【補聴器エピソード どうせ補聴器を着けるなら!】

私たちは、補聴器専門店のスタッフとして、常にお客様のより良い聞こえを追求しています。
私たちがお仕事をしている中で、何よりうれしい瞬間は、今まで聞こえないとおっしゃっていたお客様が補聴器をつけて聞こえを取り戻された瞬間に立ち会えたとき。
日々の接客の中で、思わずスタッフも驚いた、感動した…などのエピソードをご紹介いたします。

補聴器の技術は年々進化。
性能が向上すると共に、目立ちにくい小型の補聴器や色鮮やかでまるで音楽を聴くイヤホンのようなスタイリッシュなデザインのものが登場し、補聴器は見た目も中身も変化しています。
とはいえ、補聴器に対するイメージが技術の進歩と共に変わっていくかと言えば、そう上手くいかないのが現実。
補聴器はお年寄りが着けるもの、ピーピー音が鳴るもの…など、今でもそんなイメージを持っている方はおられます。

でも、こんなお客様もいるんです。
「目立つ色の補聴器はありませんか? 私は自分が耳の悪いことをちゃんと周囲に分かってほしいんです。耳が聞こえにくいから大きな声で話してと何度もお願いをするのは気が引けるし…。だから一目で補聴器をつけていることが分かるようにしたい」
そう言って、そのお客様は赤い補聴器を購入されました。
またある時はおじいちゃんが明るい色の補聴器をお買い求めになられたことも。
「今の補聴器は小さい! だから落としたりなくしたりしたときに見つけやすいように目立つ色がいい」
おじいちゃんの耳にキラリと光るグリーンの補聴器、とってもお似合いでした。

どちらかというと補聴器は着けていることを隠したいという方がほとんどなので、どうしても肌に同化するような色が売れていくことが今でも多いです。
でも聞こえにくいこと、補聴器をつけていることをネガティブに捉えすぎず、「どうせ着けるなら!」と考え方をほんの少し変えると、毎日の生活がちょっと便利になったり、楽しくなったりするのかな…そんな風に思ったりもします。

そんなこともあってでしょうか。
カラフルな色の補聴器が売れていくと、「高齢者が着けるもの」といった補聴器のイメージが払拭されていくような気がして、少し嬉しくなるのです。

補聴器を通して、大切な人との時間や会話がもっと楽しいものになるかもしれません。
あなたもステキな聞こえの世界を体験してみませんか。
ぜひ補聴器センターめいりょうの各店にご相談ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

▼補聴器センターめいりょう▼
【明石・加古川・神戸・西脇】 

http://www.meiryou.net/

▼認定補聴器専門店 補聴器のビビッド▼
【尼崎】

https://www.vivid-ha.co.jp/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このページのトップへ