ホーム > お知らせ > 【補聴器エピソード 聞こえの低下…自分で何とかしようと思わないで!】

【補聴器エピソード 聞こえの低下…自分で何とかしようと思わないで!】

【補聴器エピソード 聞こえの低下…自分で何とかしようと思わないで!】

こんにちは、補聴器センターめいりょうグループです。

私たちは、補聴器専門店のスタッフとして、常にお客様のより良い聞こえを追求しています。
私たちがお仕事をしている中で、何よりうれしい瞬間は、今まで聞こえないとおっしゃっていたお客様が補聴器をつけて聞こえを取り戻された瞬間に立ち会えたとき。
日々の接客の中で、スタッフも思わず感動してしまったというお客様とのエピソードをご紹介したいと思います。

耳が聞こえづらくなっても、今まで通り人との会話を楽しみたい、おしゃれをして外出をしたい、毎日を笑顔で過ごしたいと人は願うものです。
そんな中、補聴器をつけることを嫌がる人も多いですが、逆に何とかして聞こえを改善しようと自ら奮闘するお客様もたくさんおられます。
ある日当店には集音器を持ってこられたお客様がいました。

「これはね、通信販売で買ったもの。でもなんだか耳にあわなくて。自分で調整もうまくできないし…」
そうなんです。
なんとか聞こえるようになりたいとこうした集音器をたくさん買ってしまう人が一人や二人ではありません。

もちろん集音器が悪いというわけではないのですが、集音器は医療機器として認定されている補聴器と違い、聞こえが悪くなってきた人や難聴者を対象としてつくられているものではありません。
だから聞こえを改善する効果が期待できないこともあります。
一方、補聴器は、聞こえが悪くなってきた人や難聴の人を対象につくられているため、周りがうるさい中でも言葉を聞き取りやすくしたり、大きな音を出しすぎないようにしたりなど安全に使用するための様々な機能が搭載されています。

集音器を持ってこられたお客様は、カウンセリングを経て、補聴器を1台購入されることになりました。
「補聴器は安くても10万円ぐらいするでしょう?集音器は1万円ほどで気軽に買えるからつい買ってしまったの。集音器も補聴器も同じようなものだと思っていましたし…」
補聴器専門店で自分にあったものを購入して使う方が、聞こえの改善につながっていくとご理解いただきました。

「その時々の聞こえの状態にあわせて補聴器を調整するなど、購入後のアフターサービスがきちんとしているのも助かります。安いものをいくつか買うより、いいものを一つ買う方が結局はお金の無駄になりませんよね」
もちろんそのお客様が補聴器で日々の生活を楽しんでいるのは言うまでもありません。

補聴器は、難聴者を対象に個人の聞こえに合わせてつくり上げていく医療機器。
これに対して集音器は一般大衆向けの音を集める機器。
両者の違いを理解して、正しい使い方をするようにしましょう。

補聴器を通して、大切な人との時間や会話がもっと楽しいものになるかもしれません。
あなたもステキな聞こえの世界を体験してみませんか。
ぜひ補聴器センターめいりょうの各店にご相談ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

▼補聴器センターめいりょう▼
【明石・加古川・神戸・西脇】 
http://www.meiryou.net/

▼認定補聴器専門店 補聴器のビビッド▼
【尼崎】
https://www.vivid-ha.co.jp/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このページのトップへ